維新百年記念公園の沿革

昭和38年 5月陸上競技場(第1種公認)
昭和38年10月に開催された第18回国民体育大会(山口国体)のために建設されました。
昭和48年11月維新百年記念公園開園
公園の名称は明治百年を記念し、昭和42年6月に建設省(現国土交通省)が全国10箇所指定された事に由来しています。
昭和59年 5月スポーツ文化センター(アリーナ・レクチャー・武道館など)完成
昭和63年 3月ラグビー・サッカー場完成
昭和63年 7月テニス場全天候型コートに改良(16面)
平成元年 7月建設省「日本都市公園100選」に選ばれる
平成 3年 3月弓道場完成
平成 6年 8月野外音楽堂(ビッグシェル)完成
平成 9年 3月沈床花壇整備
平成11年 4月財団法人山口県施設管理財団設立
平成12年 5月いこいの水広場完成
平成13年 4月テニス場管理棟改築
平成19年 6月補助陸上競技場(第3種公認)完成
平成19年11月孔子杏壇講学像(山東省より寄贈)
平成20年 4月記念塔周辺花壇整備
平成22年 1月児童センター横トイレ完成
平成23年 3月陸上競技場改築(第1種公認9レーン)オープン
平成23年10月陸上競技場を主会場として「第66回 おいでませ!山口国体・山口大会」を開催
平成23年11月ジョギングコースリニューアル
平成24年 7月ちょるる広場完成
平成25年11月テニスコートリニューアル(人工芝全面張替)
平成26年 2月維新百年記念公園開園40周年記念藤棚設置
平成26年 2月補助陸上競技場走路改修(1,2レーン他)
平成26年 3月スポーツ文化センターアリーナー、レクチャールーム床改修
平成27年 10月陸上競技場において「第28回ねんりんピックおいでませ!山口2015」総合開会式を開催
平成28年 12月テニス場 中央観覧席完成
平成29年 3月陸上競技場自動散水装置完成
PAGETOP